2.暮らしのアイディア

ミニマリストの料理を楽にする食材の買い方ほかをご紹介

ミニマリストの料理を楽にする食材の買い方ほかをご紹介

ころっけ
ころっけ
どうもミニマリストころっけです。(@minimalCoro

ぼくは毎日自炊をしています。

節約の為、健康(ダイエット)の為です。

でも、家事は嫌い。できるだけ手を抜いてできないか考えています。

以前の記事でもご紹介しましたが、自炊に関しては毎日同じものを作っています。

その方が家事を楽にできると考えたからです。

毎日同じものばっかで飽きないの?

と言われそうですが、大丈夫です。

理由は、毎食同じではないし、週1回は好きな物を好きなだけ食べるようにしているからです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎日同じものを食べるメリット
毎日同じものを食べるメリット毎日同じものを食べる どうもミニマリストころっけです。@minimalCoro お越しいただきありがとうございます。 ぼく...

本記事ではめんどくさがりなのに、毎日自炊をしているミニマリストがどうやって料理を楽にしているのかをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容

料理を楽にするためにはお肉は計画的に量を買うべし

料理を楽にするために、食材の買い方以外で実践していること

食材を計画的に買うことで訪れた4つのメリット

ミニマリストの1か月の食費

参考までに、ぼくの1か月の食費は約25,000円です。(一人暮らし)

正直少し高いですが、毎日3食の分と、日用品もここに含まれています。

ざっくり計算すると1日833円。

1食当たり277円です。

本当は2万円を切りたいので、まずは1食当たりあと50円節約したいと思っています。

なるべく節約をしたいと思って水筒生活もしてきました。

今では水筒の魅力に取り憑かれ、毎日水筒を持ち歩いています。

水筒の魅力についてはこちらをクリック↓

ミニマリスト水筒
ミニマリストが思う水筒の魅力。水筒ってこんなにイイんだ!ミニマリストが思う水筒の魅力。水筒ってこんなにイイんだ! 本記事は、「水筒を持ち歩くのってどうなの?」と思っている方に向けた内容に...

 

余談ですが、

家計簿を付けていない方もいらっしゃると思います。でも家計簿は付けたほうがいいですよ。

どのくらいのお金を何に使っているのかを知ることは大切です。

余計なものにはお金を使わず、本当に必要なものだけにお金を集中して使えるようになります。

でも家計簿をつけるのって面倒ですよね。

家計簿をつけるのが面倒な方はぜひキャッシュレスにしてください。

MoneyForwardというアプリと連携させることで自動で家計簿を作成してくれます。

キャッシュレス財布を持たないと訪れる7つのいいこと
【キャッシュレス】財布を持たないと訪れる7つのこと【キャッシュレス】財布を持たないと訪れる7つのこと ぼくは財布はミニマリストになる前から財布を使わない生活をしています。 結論を...

ミニマリストが料理を楽にするためにやっていること

ミニマリストが料理を楽にするために、特に気を付けている食材はお肉の買い方

お肉の買い方

ぼくは毎日同じものを食べています。

なので材料も同じです。

毎日同じものを食べていると、1食に何がどれくらい必要なのかが分かってきます。

家事を楽にするために、食材の買い方も工夫をしています。

 

食材の買い方で特に気を付けているのは特にお肉です。

本記事ではこの内容を特にお伝えしたいと思っています。

お肉は高いので、計画的に量を決めて必要な分だけ買っています。

 

今の時期は朝晩、鍋を食べていますが、そこに鶏肉を入れて食べています。

1週間となると朝晩で14回食事をすることになります。

 

1回で100g前後の鶏肉を使うと決めているので、1週間で1,400g必要です。

なので週1回の買い出しでは1,400gの鶏肉を買うようにしています。

おおよそスーパーで売っているもも肉4枚分です。

鶏肉1週間分1,400g

それを1口サイズに切ります。

そしてビニール袋やラップに14等分にします。

鶏肉を14個に小分け ミニマリストの冷凍庫の中身

14等分した物を冷凍して1週間食べていきます。

一つずつの量が決まっていると解凍するときも楽です。

100gならレンジで300W1分でイイ感じに解凍できます。

 

少し手間がかかっても、週に1回きちんと仕分けをして計画的に食べるほうがいいです。

こうすることで、足りなかった。また買い出しに行かないと。となりません。

材料が足りなくて買い出しに行くって本当にめんどくさいんですよね。

それに小分けにしているので、袋から出して火を通すだけで済みます。

 

めんどくさがりといっているのに意外と几帳面と思われるかもしれませんが、帰ってきてすぐ晩御飯ができるのでぼくには計画的に量を決めて買う方法があっていました。

炊飯器を手放す

炊飯器って絶対にないといけないと思っていませんか?

ぼくはご飯は大好きですが、炊飯器ではご飯を炊きません。

サトウのごはんを使っているわけではありませんよ。

ぼくはご飯を鍋で炊いています。

今まで炊飯器は生活必需品と思っていましたが、鍋でも十分美味しく炊くことができます。

むしろ鍋に変えてよかったと思っています。

炊飯器は確かに便利です。

その便利さ故に2つのデメリットがあると思っています。

  • 場所を取る
  • 洗い物が面倒

鍋に変えることでこの悩みが解決されました。

詳しくはこちらの記事に書いてあるので、チェックしてみてください。

ミニマリストが教える鍋だけで炊飯する方法
炊飯器を手放したミニマリストが教える鍋で簡単にご飯を炊く方法ミニマリストには炊飯器はいらない! 以前より、そう感じていました。 色々試してみて結果!炊飯器を手放すことができました。...

洗剤はポンプ式を使う

洗剤のボトルってなぜか逆さまにして、洗剤を出す物が多くないですか?

ぼくはこの手間が本当に無駄だと思っていました。

洗い物をしていると、途中で洗剤を追加したいときがあります。

その時、泡だらけの手で洗剤のボトルを握りしめて逆さまにして出す。

ボトルは当然泡まみれになります。

最後にボトルを水で流して・・・面倒です。

このようなお悩みを持たれている方にはポンプ式の洗剤がおすすめです。

なんで今までなかったんだろうと思います。

こちらのほうが便利だと思うので、チェックしてみてください。

おすすめ食器用洗剤
ミニマリストがおすすめする食器用洗剤!!ミニマリストがおすすめする食器用洗剤!! 一般的な食器用洗剤の出し方に不満がありました。 逆さにして洗剤を出すことの手間。 ...

 

ミニマリストが思う、計画的に食材の量を決めて買うことのいい点4つ

元々は普段の料理を楽しようと思って始めましたが、こんないい点もありました。

  1. 何回も買い出しにいかなくて済む
  2. 食べ過ぎを予防できる
  3. 節約になる
  4. 食品ロスを防げる

①何回も買い出しに行かなくて済む

何回も買い物に行かなくてすむ

先ほどご紹介した通り、毎食食べる分を小分けにして冷凍しています。

食べる回数、量を計算して購入するのでお肉が足りない。ということがありません。

ぼくは週に何回も買い出しに行くのが一番嫌なので、この方法が有効的です。

②食べ過ぎを予防できる

食べ過ぎ予防

例えば、毎食何グラムのお肉を食べているかご存じですか?

そんなこと考えて食べてないという方がほとんどだと思います。

量を考えずに食べると、食べ過ぎに繋がり太ってしまいます。

なので、毎日どのくらい自分が食べているかを把握することは大事だと思っています。

ボディービルダーなどは1日たんぱく質は〇〇〇g摂取する!

といった具合に1日の食事を完璧にコントロールしているそうです。

そこまでやらないといけないとは言いませんが、自分の健康をコントロールするの為にも何を何グラム食べているかを知ることは大切だと思います。

事前に1食分を小分けにしておくことで、それ以上食べることはありません。

③節約になる

節約になる

買い物の回数が増えると、出費がかさみます。

これだけを買いに行こう!と思っていざスーパーに行くと魅力的な商品がたくさん置かれています。

セール!お買い得!などと書かれているとついつい買ってしまいます。

人間とはそういうものなのです。

 

セールやお買い得で買ったものは確かに安いかもしれません。

でもそれって本当に必要なものですか?

意外といらないものまで買ってしまっています。

安くても必要な物でなければ節約したとは言えません。

言うまでもなく、お金を使わないことが一番の節約です。

出費を抑えるのに一番いい方法は買い物に行かないことです。

 

当然必要な物はあるので、買い物に行かないといけませんがその回数を減らすことはできるはずです。

計画的に必要な物を購入して、買い物に行く回数を減らせば自然と節約になるでしょう。

 

④食品ロスを防げる

食品ロスを防げる

以前は自炊も毎日しないのに、スーパーに行って大量の物を買っていました。

気づいたら賞味期限が過ぎている。

腐らせてしまった。

そんなことがよくありました。勿体ない。。。

日本人の食品ロスは1年で51kgになるそうです。

51kgと言われてもピンとこないかもしれませんね。

分かりやすい比較で言うと、1年間にぼくたちが食べるお米の量が約54kgです。

つまり毎日食べているお米と同じ量を捨てているわけです。

これってすごく勿体ないですよね。

当然環境にもよろしくないですし、お財布にもよろしくありません。

捨てる必要がないように買い物をした方がいいに決まっています。

ミニマリストの料理を楽にする食材の買い方ほかをご紹介。まとめ

いかがだったでしょうか?

量を決めて買ったり、小分けしたりと一見手間がかかっているように思えますが、

これをしておくことで普段は楽をすることができます。

帰宅して30分もあれば、晩御飯を作って食べて次の日の弁当まで作ることができます。

コンビニ弁当は健康面から食べたくないので、短時間で簡単に自炊ができるのは嬉しいです。

もし参考になりましたら、量を決めて購入し、グラムを計って小分けしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、ミニマリストころっけ(@minimalCoro)でした。

ホームへ戻る

YouTubeもやってます!

ミニマリストころっけのYouYube