1.ミニマリスト持ち物

ワークマンの洗えるフュージョンダウンライトジャケット

ワークマンの洗えるフュージョンダウンライトジャケット

ミニマリストのぼくは私服の制服化を実施しています。

私服の制服化とは、何を着るのかをあらかじめ決めておくことです。

ミニマリスト界隈(かいわい)ではよく使われる単語です。

詳しくはこちらの記事に書いているのでよかったらチェックしてみてください。

ミニマリストが教える最短衣替え術
ミニマリストが教える衣替え最短術。年1回10分で完了です。ミニマリストが教える衣替え最短術。 ミニマリストの私服 まずはミニマリストの私服からご紹...

 

ころっけ
ころっけ
そんなミニマリストのぼくが今年のダウンジャケットを購入しました。

今年はこのダウンを私服の制服化として使い倒そうと思っています。

そのダウンが今回ご紹介するワークマンの「洗えるフィージョンダウンライトジャケット」です。

ころっけ
ころっけ
かなりいい商品ですので、ぜひ最後までお付き合いください。
本記事でわかること
  • ワークマンのフージョンダウンのスゴい点
  • ミニマリストのぼくがワークマンを選んだ理由

ワークマンの洗えるフュージョンダウンライトジャケットのご紹介

まずは、ワークマンの「洗えるフィージョンダウンライトジャケット」はこちらです。

いたって普通な外見で、他メーカーでもよくある形になっています。

前あきタイプで、ボタンで閉めるようになっています。

ワークマンダウン

 

袖はこのように軽く絞られています。

絞られているので、風が入ってきにくいようになっています。

ワークマンダウン袖

 

裾(すそ)は絞られておらず、このようになっています。

背中側が少し長くなっています。

しゃがんだ時に背中が出にくい構造になっています。

ワークマンダウン裾

 

ポケットは左右に一つずつあります。

ワークマンダウンポケット

他に、左の内側に大きなポケットがあります。

ワークマンダウン内ポケット

裏面の背中側はこのようになっています。

後でご紹介しますが、ワークマンではよく使われるブラックアルミプリントが施されています。

このため、保温力を期待できるようになっています。

ワークマンダウンブラックアルミ ワークマンダウンブラックアルミ質感

 

最後に、ワークマンのダウンには収納袋が付いています。

収納するとこれぐらいのサイズになります。

ワークマンダウン収納サイズ

 

ワークマンのFusion Down(フージョンダウン)のスゴい点

とにかく安い!

ワークマンダウン価格

なんと!このダウンは2,500円で買えるんです!!

ダウンで2,500円ですよ!

信じられません。

しかもこの後にご紹介する通り、かなりの高機能なんです。

ワークマン恐るべし・・・

洗えるダウン

ワークマンダウン洗える

ダウンって基本的に洗えないですよね?

でもこのワークマンのダウンは違います。

なんと洗えるんです!!

 

ダウンなのに洗える理由は中綿にあります。

ワークマンダウン中綿

ワークマンのダウンの中綿は天然ダウンと化学繊維の吸湿発熱綿が使われています。

おそらく丸い繊維が化学繊維で、それ以外が天然のダウンとフェザーだと思われます。

天然ダウンだけのものだと洗うのが難しいのですが、化学繊維が含まれていることで洗うことができるんです。

中綿の配分は↓のようになっています。

素材 割合
ダウン 45%
フェザー 5%
ポリエステル 40%
アクリル 10%

保温力もバッチリ

ワークマンダウン保温力

中綿はすべて天然ダウンやフェザーが使われている方があったかいです。

しかし、ワークマンのダウンは前述した通り化学繊維が含まれています。

素材の違いによるメリットデメリットは下記のイメージです。

素材 メリット デメリット
天然ダウン 暖かい、コンパクト 濡れに弱い
化学繊維 乾きやすい(濡れに強い) ダウンより暖かくない

ダウンよりかさばる

 

このため、天然ダウンの量が多い方が暖かくなるんです。

しかしワークマンのダウンは保温力もバッチリとのこと!

 

ワークマンダウンブラックアルミ質感

その秘密が、裏面の背面に施されているブラックアルミプリントです。

ダウンを着た時の熱反射をより高めてくれ、ダウン内の温かさが期待できるとのこと!

これは他のメーカーにはないワークマンならではですね。

穴が開いても勝手にふさがる

ワークマンダウンセルフリペア素材

ワークマンのダウンにはセルフリペア素材が使われています。

ワークマンでは「REPAIR-TECH」と呼ばれています。

ダウン表面に針で穴を開けてもしばらくすると穴がふさがるそうです。

ただし直径0.9mm以下の穴までとのことです。

ミニマリストがワークマンのダウンを選んだ理由

洗えるというところ

やはり洗えるということに魅力を感じました。

私服の制服化をすると、同じ服を着る回数が増えます。

以前使っていた、ユニクロのウルトラライトダウンもほぼ毎日着ていました。

ユニクロのウルトラライトダウンは洗えないので、少し汚れや匂いが気になっていました。

その点ワークマンのダウンは洗うことができるので、清潔に長く使えると思っています。

高機能なのに価格が安いところ

先ほどご紹介した通り、ワークマンのダウンはかなり高機能になっています。

それなのに、2,500円で購入できるという超低価格!

2,500円で購入できるというもの大きな決め手の一つです。

ワークマンのダウンの残念なところ

正直、商品自体には全く欠点はないと思っています。

残念なところは、とにかく手に入りづらいということです。

フリマアプリを見ると、高値で取引されています。

高機能でこの値段で買えるというのが良くて本記事でご紹介しているので手に入りづらいというのはとても残念です。

ワークマンのダウンまとめ

今回ご紹介させていただいた通り高機能でとにかく安いワークマンのダウンです。

デメリットとして手に入りづらいことが挙げられます。

幸運なことにぼくは近くのワークマンで購入することができました。

毎週ワークマンに通ってたまたま購入できた感じです。

ぜひお早めにワークマンに行ってみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、ミニマリストころっけ(@minimalCoro)でした。

YouTubeもやってます!

ミニマリストころっけのYouYube

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA